Menu
ホーム >> 記事 >> iPhone裏技 >>
 iPhone 8/7s/7s Plus高速化する裏技

iPhone X/8/8 Plusが重くなる場合の対処方法

2017/09/20 14:23 / Jenefey AaroniPhone裏技に投稿した:
Follow @JenefeyAaron

この9月にiPhone8がリリースされて以来、多くのアップルファンはすでにこの新しいデバイスに買う替えました。このかわいく、うまくデザインされたiPhone 8/7s/7s Plusは本当に不可欠なスマートフォンのうちの1つです。高いお金で買ったので、どんな状況でもiPhone8をよい調子になれるのを保持することが必要です。iPhone8が最優性能になるために、ここにはいくつかの遅いiOS 11/10.3.3/10.3.2/10.3.1端末を軽くする裏技です。今すぐ確認してみましょう!

位置情報サービスをオフにする

lineで写真を投稿する際、撮影した場所の情報をシェアする人は多くなると思います。でも、位置情報サービスをONにしておくと電池駆動時間も短くなってしまう可能性があります。なので、バッテリーをできるだけ長く持続させるために不要な位置情報サービスをOFFにしておくほうが良いかもしれませんね。

位置情報サービスをオフ

iPhoneに保護フィルム・ガラスを貼り付ける

iPhoneが落とした時に傷が付いたり割れるのを防ぐために、保護フィルムや保護ガラスが必要です。なお、「滑りがよくなるから」と言う理由でガラスフィルムを貼っている人も多いですよね。だから、みなさんはスマホを購入したら早めに保護フィルムを貼り付けておきましょう。

常駐アプリをすばやく終了させる

複数のアプリを同時に起動させる時、その分メモリが消費されるのでiPhone/iPad/iPodの動きが鈍くなってしまいます。使っていないのにバックグラウンドで動いているアプリを終了してメモリを解放するとiPhoneのパフォーマンスがよくなると言われています。

Step 1: iPhone/iPad/iPod touchのホームボタンをすばやく2回押すと最近使ったアプリが表示された。

Step 2:画面を左右にスワイプ→画面を上にスワイプとゲームなどのアプリを終了する。

バックグラウンドで動いているアプリを終了する

iOS デバイスのメモリを解放する

iPhoneの容量不足になるのは、不要ファイルを知らない間に溜まるからであるかもしれません。さまざまなアプリが残した不要ファイルを削除するにはTenorshareの専門なソフトTenorshare iCareFoneを使用するのがお勧めします。

Tenorshare iCareFone(iPhone Care Pro) 無料体験版:
無料 Windows
無料 Mac

ステップ1:Tenorshare iCareFoneを起動して、iPhone、iPad、iPod touchをパソコンに接続します。

Tenorshare iCareFone

ステップ2:「高速化&削除」をクリック、「クイックスキャン」をクリックして、デバイスをスキャンします。

ステップ3:iPhoneの内蔵ストレージがスキャンされて、キャッシュファイル、ジャンクファイル、大容量ファイルなどが検出します。不要な項目を選択して「クリーンアップを開始」ボタンをクリックします。

iOS デバイスのメモリを解放する

ステップ4:これでiOS デバイスのメモリの解放がスタート。削除が完了すると、削除によって増加した空き容量が表示されます。

増加した空き容量が表示する

iPhoneで自動ロックまでの時間を変更する

iPhoneは一定時間操作をしないと自動的にロックされて、スリープ状態になります。省電のためiPhone X/8/8 Plus で30秒~1分に「ロックしない」に変更することができます。

ホーム画面から【設定】→【画面表示と明るさ】→【自動ロック】→設定したい時間にチェックを入れます。以上で設定は完了です。

iPhoneで自動ロックまでの時間を変更する

低電力モードをオンにする

iPhone X/8/8 Plusのバッテリーを長持ちさせるために、低電力モードを使って iPhone の消費電力量を抑えましょう。

【設定】→【バッテリー】→【低電力モード】→【続ける】→バッテリーアイコンが黄色くなりました。

注意:低電力モードにすると、メール、Siri、App の更新、機能に影響が出ます。

低電力モードをオンにする

[iPhoneアプリ] 自動アップデートをオフにする

アプリの自動アップデートをオフに設定しておけば、アップデートに伴う不具合・バグを回避できるようになります。

自動アップデートをオフにするには、「設定」→iTunes & App Store→アップデートを無効にします。

アプリ自動アップデートをオフにする

iPhoneの壁紙で視差効果を減らす

画面に動きを与える「視差効果」はとても面白いです。しかし、多くのアニメーションは空間を取り上げて過負荷をかけている問題を起こすかもしれません。

iPhoneの「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「視差効果を減らす」を“オン”にします。

iPhoneの壁紙で視差効果を減らす

iCloudとの同期をオフにする

iCloudはwifiの環境でデバイスのデータをバックアップ/同期してくれますが、iOS 11端末を重くさせる原因の1つになります。それで、iPhoneが重いと感じた時、iCloudとの同期機能をオフにすることをおすすめします。

設定→iCloud→「ICLOUDを使用しているAPP」でiCloudとの同期機能をオフにします。

iCloudとの同期をオフにする

すべてのコンテンツと設定を消去する

ある時、不具合を解消するためにデータを消去することが必要です。「iPhoneを探す」オンにする場合は、リセットする iPhoneで事前に設定をオフに切り替えてください。

「設定」→「一般」→「リセット」→「すべてのコンテンツと設定を消去」→パスコードを入力する→(機能制限を設定中の場合)機能制限パスコードを入力する。

「iPhone を消去」を二回に押す→デバイスを自動的に再起動する→利用開始設定する

すべてのコンテンツと設定を消去する

iOSシステムを修復/復元

もし以上の方法を試してもiPhoneの反応が遅いになるのを解消できない場合、iOSシステムの問題である可能性があります。最終的な解決策はiOSシステムを修復です。その時、Tenorshare iCareFoneをすすめします。データを削除せずにiOSシステムを修復できるからです。

Tenorshare iCareFone(iPhone Care Pro) 無料体験版:
無料 Windows
無料 Mac

Step 1: Tenorshare iCareFoneを起動→出てくる画面での「システム修復」をクリック

Step 2: 「参照」をクリック→ダウンロードしたファームウェアの保存先を設定→「次へ」をタップ→ファームウェアをダウンロード→スタンダードモードを選択→「次へ」をクリック→iOSシステムを修復

iOSシステムを修復

最後

以上はiPhone X/8/8 Plusの動きが重くなる場合の対策です。iOSデバイスのパフォーマンスを向上するつもり方は是非この記事を参考にしてください。他の何かご質問がありましたら、遠慮なくご連絡ください。もし、この記事がお役に立ったら、「いいね!」を頂けると嬉しいです。

関連記事
3つの方法で新しいiPhone 8/7s(Plus)に連絡先を移行する
パソコンからiPhone 8/7s/7s Plusに写真を入れる方法
機種変更後iPhone 8にデータを移行する方法
comments powered by Disqus
おすすめ製品
Tenorshare iCareFone
ガイド
みんなのレビュー ( 10 )
無料ダウンロード