Menu
ホーム >> 記事 >> iPhone裏技 >>
  iOS 11.3新機能まとめ

iOS 11.3開発者向けベータ版が公開、新機能・変更点まとめ

2018/01/30 14:23 / Jenefey AaroniPhone裏技に投稿した:
Follow @JenefeyAaron

Appleは先日iOS11.3のアップデート内容を発表し、同日中に最初のベータ版を開発者向けに公開しました。一般向けの正式版は今春に公開予定ですので、まずはこの記事でiOS 11.3の新機能・変更点を確認しましょう。

iOS 11.3 iPhone

iPhone X:新しいアニ文字(Animoji)を16つ追加

iPhone XのTrueDepthカメラでユーザーの顔の動きを顔文字に合成するアニ文字に、ドラゴン、熊、ガイコツ、ライオンなど全16種類の新しいキャラクターが追加されます。

iPhone アニ文字

ARKit 1.5に進化、垂直面にも合成可能になる

拡張現実(AR)アプリ開発環境であるARKit 1.5の提供により、これまで以上にリアルなAR映像することが可能になります。ARKitはこれまで机や床などの平面しか対応していませんでしたが、バージョンアップした後、壁やドアなど垂直面にも対応できるようになります。

arkit ios

バッテリー状態診断・動作抑制もオフ可能

古いiPhoneのパフォーマンスを抑制していた問題でユーザーを失望させたことについて、アップルはバッテリー状態の診断機能と、バッテリーの状態に応じて処理能力の制限をオン・オフできる機能をiOS 11.3で追加しました。パフォーマンスを抑制する制御をオフにした場合、処理能力は仕様通りになりますが、これまで防いできた「急なシャットダウン」現象に遭遇する機会が増えるはずなので、利用には注意する必要があります。

iPhone バッテリー

iBooksは名称変更

ベータ版iOS 11.3では、電子書籍・PDFを読んだり管理したりできるiBooksアプリの名前が、「Books」に変更されました。

ビジネスチャットとHealth Records

企業とユーザーがiMessageを使って直接やりとりできる「ビジネスチャット」機能がiOS 11.3ベータ版に追加しました。手軽に企業や商店と会話できて、Apple Payを使って支払いことできます。ユーザーの個人情報が企業側に渡されないうえ、不要になったらコンタクトを中止できる、ユーザーのプライバシーを重視したサービスです。

そして、ヘルスケアアプリも強化しました。新機能のHealth Recordsでは、病院、診療所、既存の健康アプリの情報を一つまとめ、アプリで直接チェックすることが可能になります。

alt:ビジネス チャット

その他

他にも、

iOS 11.3は「今春」に正式リリースを予定しています。対象端末はiPhone 5以降のiPhoneデバイス、iPad Air、iPad Pro、iPad(第5世代)、iPad mini 2以降、iPod Touch(第6世代)などがあります。楽しみですね。

最後に

iOS11.1以降は基本安定していますが、iOS 11.3の更新でまた不具合が発生した場合は、Tenorshare ReiBootで修復できます。このソフトを利用すれば、データ紛失もなく、 数分でお使いのデバイスをアップデータ後の不具合症状から救出できますので、ぜひお試しください。

無料ダウンロ―ドWin 10/8.1/8/7/XP対応
Secure Download
無料ダウンロ―ドMac OS X 10.8-10.13対応
Secure Download
関連記事
iPhone・iPad を売却または譲渡する前に完全に初期化する方法
AndroidからiPhone X/8(Plus)へ電話帳(連絡先)を移行する方法
iPhone/iPadで接続したWiFiのパスワードを確認する方法
comments powered by Disqus
おすすめ製品
Tenorshare ReiBoot
ご利用ガイド
Tenorshare ReiBoot for Mac
ご使用様の声
無料ダウンロード無料ダウンロード