Menu
ホーム >> 記事 >> iPhone裏技 >>
  iPhone Xでスクリーンショットを撮る

「iPhone X」でスクリーンショット(画面キャプチャ)を撮る方法

2017/12/22 10:00 / Jenefey AaroniPhone裏技に投稿した:
Follow @JenefeyAaron

iPhone Xでは、iPhoneシリーズの最大の特徴であったホームボタンが廃止されました。そのため、従来ホームボタンで行っていた各種操作もだいぶ変わってきました。例えば、電源の切り方、強制再起動の方法、リカバリーモードやDFUモードの入り方など、色々変更されました。 そこで、今回はiPhone Xでスクリーンショット(画面キャプチャ)を撮る方法をご説明したいと思います。ぜひ、チェックしてください。

iPhone X 画像

iPhoneのスクリーンショットを撮る方法

ボタンでiPhoneのスクリーンショットを撮るのはモデルによって二つの方法があります。iPhone 8 Plus/8/7 Plus/7/6s Plus/6s/6 Plus/6/SE/5sなど、ホームボタンを利用するモデルでは、本体上部または側面にある「スリープ/スリープ解除ボタン」と「ホームボタン」を同時に押せば、iPhoneで表示中の画面が画像として保存されます。

iPhone スクリーンショット

iPhone Xの場合は、ホームボタンがないので、、電源/スリープボタンと音量(+)ボタンを同時に押すことによって画面をスクリーンショットとして画像保存します。ちなみに、電源/スリープボタンと音量(-)ボタンを同時に押すと、デバイスの電源を切ることになります。

iPhone X ホームボタン

iPhoneのAssistive Touchを使ってスクリーンショットを撮影

物理ボタンを同時に押す以外に、Assistive Touchの活用によって簡単にスクリーンショットを撮影することもできます。

設定手順は以下通りです。

Step 1. 「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「Assistive Touch」→「最上位メニューをカスタマイズ」の順にタップします。

Step 2. 最初は6つのアイコンがあります。下の「-」ボタンを押して、アイコンを一つだけ残します。

Step 3. 残された「+」ボタンを押して、スクリーンショットのアイコンを追加して、「完了」します。

iPhone 設定

設定が終わったら、画面にあるAssistive Touchのボタンを押せば、簡単にスクリーンショットを撮れます。

Assistive Touch
最後に

iPhoneの利用はとても便利でたくさんのことを楽しめますが、こうしてスクリーンショットを保存したり、写真を撮ったり、動画や音楽をダウンロードして、iOSデバイスの空き容量が知らず知らずのうちになくなります。そのため、データ整理も必要です。人気なファイルマネージャー「Tenorshare iCareFone」を利用すれば、簡単にアイフォン内のコンテンツをPCに移行して保管できます。また重複項目の検出・削除と写真の可逆圧縮機能もありますのでPCディスクの容量も節約できます。

無料ダウンロ―ドWin 10/8.1/8/7/XP対応
Secure Download
無料ダウンロ―ドMac OS X 10.8-10.13対応
Secure Download
関連記事
iTunesエラーコードとそれぞれの状況に応じた解決方法一覧
AndroidからiPhone 8/8 Plus/Xへのデータ移行方法を徹底解説!
2017&2018 iPhone X/8(Plus)データ管理ソフト(ファイルマネージャー)ベスト3
comments powered by Disqus
おすすめ製品
Tenorshare TunesCare
使い方
Tenorshare TunesCare for Mac
みんなのレビュー ( 19 )
無料ダウンロード無料ダウンロード