ホーム >> 記事 >> iOSデータ転送 >>
MP3をiPhoneに転送する方法

MP3ファイルをiPhoneに転送して再生する方法

2018/05/11 16:05 / Jenefey AaroniOSデータ転送に投稿した:
Follow @JenefeyAaron

手動でiPhoneにMP3転送するのは可能か?

パソコンに保存されているMP3ファイルは、iPhoneに転送して再生できるのでしょうか。もしできるならiPhoneでも持っている曲を自由に聞けるようになり、より音楽を楽しめますよね。

手動でiPhoneにMP3を転送することは可能です。iPhoneに転送さえしてしまえば後は再生するだけで曲が聞けるようになるので、パソコンに好きな曲を入れているという方はiPhoneにも転送しておくといいでしょう。ただし、パソコンから直接iPhoneへと転送できるわけではなく、iTunesなどのソフトを経由して行うことになります。

iPhoneで再生可能なほかの音楽ファイル形式は?

MP3だけでなく、他の拡張子が使われた音楽ファイル形式のデータもiPhoneで再生可能です。具体的にはAACやWMAなどで、これらの拡張子が付いているならMP3と同様の方法でiPhoneに入れ、再生できるようになっています。

MP3ファイルをiPhoneに転送・取り込む方法

MP3ファイルをiPhoneに取り込むには、以下二つの方法で実現できます。さて、それぞれの操作手順を確認していきましょう。

iTunesでiPhoneへMP3ファイルを取り込む

iTunesを使ってiPhoneへMP3ファイルを取り込みする手順は以下の通りです。

ステップ1:iTunesを起動して、iPhoneをパソコンに接続します。正しく接続されていれば、画面左上にデバイスアイコンをクリックします。

ステップ2:メニューバーで「ファイル」 → 「ファイルをライブラリに追加」をクリックして、iPhoneに取り込みたいMP3ファイルをiTunesライブラリに追加します。

MP3をiTunesに追加

ステップ3:iPodの管理画面に入って、「ミュージック」タブで「音楽を同期」にチェックを入れて、「同期」をクリックします。

そうするとiTunesライブラリに追加したMP3音楽ファイルはiPhoneに一括で取り込むようになります。

Tenorshare iCareFoneによってPCからiPhoneにMP3を転送

iPhone用データ管理ソフト「Tenorshre iCareFone」を使うことでも、簡単にiPhoneにMP3ファイルを保存することができます。この方法なら、iTunesにMP3を追加する必要もありませんし、同期で不意な上書きによるiPhoneデータ損失を防ぐこともできます。

無料ダウンロ―ドWin 10/8.1/8/7/XP対応
Secure Download
無料ダウンロ―ドMac OS X 10.8-10.13対応
Secure Download

ステップ1:USBケーブルでパソコンとiPhoneを接続して、Tenorshre iCareFoneを起動してください。そして、画面には、お使いのiPhoneの情報が表示されます。

iPhoneをPCに接続

ステップ2:「ファイル管理」をクリックして、そこから続けて「音楽」という項目をクリックします。そこで、iPhoneに保存してある既存の音楽データが確認できます。

iPhoneの音楽を整理

ステップ3:画面上部の「インポート」ボタンをクリックするとファイル選択画面が表示されます。そして、MP3音楽ファイルの保存先を開き、転送したいMP3を選択して「Open」をクリックすればOKです。

iPhoneにMP3を転送

しばらくすると、選択されたMP3音楽がお使いのiPhoneに転送されます。iTunesを使わずに転送できるため、iCareFoneでの操作の方が若干楽に感じられるでしょう。

最後に

MP3ファイルはiTunesやiCareFoneを利用することで簡単にiPhoneへ転送して再生できます。好きな曲だけの追加も可能ですし、iPhone内の音楽ファイルを充実させるためにもこの方法をマスターしておくのがおすすめです。

無料ダウンロ―ドWin 10/8.1/8/7/XP対応
Secure Download
無料ダウンロ―ドMac OS X 10.8-10.13対応
Secure Download
関連記事
iPhoneに音楽だけを同期する三つの方法
iPhoneの音楽プレイリストを作成(追加)・編集・削除する方法
iTunesなしでiPhone・iPodの音楽をバックアップする方法
comments powered by Disqus