Menu
ホーム >> 記事 >>  iPhoneの不具合と解決策まとめ >>
iPhoneフラッシュライトがつかない時の有効対策

iPhone:フラッシュライトがつかない時の有効対策Top5

2017/9/01 16:05 / Jenefey Aaronリカバリーモードに投稿した:
Follow @JenefeyAaron

iPhone(iPhone X/8(Plus)/7/6s/6/5s/5/4s/4)には懐中電灯のようなライトを搭載しています。このライトは、撮影の時にフラッシュとして利用されていますが、ライト単体で使われることも多いです。そして最近、iPhoneのライトがつかないや懐中電灯がつかえないケースが時々あるようです。

例えば、あるサイトでは、「アイフォンで夜の写真を撮るとき、ラッシュを「オフ」から「自動」に変更しましたが、シャッターボタンを押してライトは点滅しませんでした。そして、「オン」に設定しても反応していなかったです。またコントロールセンターで、LED フラッシュライトのオン/オフを切り替えてみても、ライトがやはり点灯しませんでした。これは故障でしょうか…」という質問がありました。

ということで、本日はをiPhoneのフラッシュライトがグレーアウトして使えない(つかない)時の有効対策を5つご紹介します。下記の操作過程で、デバイスのデータが飛んでしまう可能性もありますので、事前にバックアップをしておきましょう。

iphoneフラッシュライト

【トラブル対応5策】―iPhoneのフラッシュライトがつかない問題

パート1:スマホライト点灯故障:一般的な対応方法 1-1: 携帯を再起動をして改善するか確認

1-1: 携帯を再起動をして改善するか確認

軽度なシステム動作不良や懐中電灯アプリのバグならば、強制再起動によって改善することが可能です。強制再起動はiPhone 7/7Puls場合はホームボタンと音量ボタン、その以外の機種は電源ボタンとホームボタンをモニターにアップルマークが出てくるまで同時に押し続けて、その後デバイスが再起動します。

iPhoneを強制再起動

1-2: デバイスのすべての設定をリセット

設定が原因で動作の不具合が起きている場合、「すべての設定をリセット」機能を利用してトラブルを解消する可能性があります。手順は以下となります。「設定」>「一般」>「リセット」>「すべての設定をリセット」を順番にクリックして、自動的に再起動します。設定だけを初期状態に戻しますので、データやメディアは消えません。

携帯の設定をリセット

1-3:iOSを最新のバージョンにアップデート

iOSのバージョンが古いと、懐中電灯がうまく動作できない可能性も考えられます。そのため、お使いのiPhoneのバージョンを確認し、最新バージョンではない場合、アップデートを行ってください。

iOSをアップデート

1-4:お使いのiPhoneを初期化する

一般的、デバイスの初期化を実施することで大半の動作不良が解決することができます。しかし、初期設定を行うと、iPhoneが工場出荷時の状態になり、すべてのデータが消去されますのでご注意ください。

アイフォンを初期化

パート2:アイホンライト不具合修復:専門対応策

もし、以上4つの方法を使用してもライトフラッシュのつかない問題はやはり改善しない場合、アップル系向けの専門対策ソフトTenorshare ReiBootをお勧めします。このアプリは、様々なiPhone/iPad/iPod touch不具合を修復することができます。

操作手順については、まず「リカバリーモードに入る」をクリックして、接続中のデバイスをリカバリーモードに突入させます。それを成功したら、次に「リカバリーモードを解除」をクリックします。しばらくして、携帯が自動的に起動します。修復完了後、アイホンのフラッシュや懐中電灯がうまく動作するかをもう一度チェックしましょう。

ipadロックを解除してパスコードを変更

最後に

以上は、iphoneのフラッシュライト・懐中電灯がうまく機能しない時5つの有効対策です。大部分のデバイス動作不良はこれらの方法で改善することが可能です。携帯の調子が悪い時はかなり困りますので、早めの対処をおすすめします。

関連記事
iPhone 7が勝手にシャットダウンした時の3つの直し方
iPhone 7/6s/5sのWi-Fi受信感度が悪い時3つの対処法
iPadのリカバリーモードを解除する方法
comments powered by Disqus
おすすめ製品
Tenorshare ReiBoot
ご利用ガイド
Tenorshare ReiBoot for Mac
ご使用様の声
無料ダウンロード無料ダウンロード