Menu
ホーム >> 記事 >> iPhoneの不具合と解決策まとめ >>
iPhoneのなパスワードロック解除法まとめ

iPhoneのパスワード/パスコードロック解除法まとめ

2017/8/10 05:47 / Jenefey Aaron再起動ループに投稿した:
Follow @JenefeyAaron

iOSデバイスには大事なパーソナルデータがたくさん入っていますので、セキュリティ対策としてiPhoneにきちんとパスワード・パスコードを設定してをしている人が多いですね。しかし、様々なところでパスワードを設定したけれど、忘れてしまったり、迷ったりすることもよくあるでしょう。

ここでは、iPhone X/8/7 Plus/7/6s/6/5s/5のセキュリティの基礎になるパスコードを忘れた時の対処方法などをご紹介しています。

iPhoneのパスコードをロック解除法

iPhone x/8/7/6s/6でTouch IDやFace IDを使ってパスコードロック解除するのが便利ですが、かえってパスコードを忘れやすくなっているのが現状かもしれません。

iPhoneの画面パスコードを忘れた場合、パスコードを11回間違えるとiPhoneの一切の操作が不可能になってしまいます。iPhoneの画面に「iPhoneは使用できません iTunesに接続」を表示されると、iPhoneを初期化してデータを全て消去するしか手はありません。

ここでは、iPhoneでパスコード入力に失敗してしまう場合に採りうる簡単対策をご紹介します。

方法1 iTunesでiPhoneを初期化

iOSデバイスをiTunesに接続したら、「今すぐバックアップ」をクリックすればiPhoneのバックアップファイルが簡単に作成されます。すでにiTunesを使ってiPhoneをバックアップした場合、iTunesでロックされたiPhoneを初期化すのが一般的な方法です。

iPhoneを初期化

デバイスを同期したことのあるコンピューターに接続して、iTunesを立ち上げます。 アイフォンが認識されたら、左上にあるiPhoneマークをクリックし『概要』ページに入って、「iPhoneを復元」をクリックして、 お使いのデバイスを復元(初期化)します。その後、「バックアップを復元」をクリックして、iTunesバックアップからアイフォンのデータを復元します。

方法2:iTunesを使わずにiPhoneのパスコードを解除

iTunesで初期化するのが一般的ですが、デバイスが認識されないのでうまく行かない場合も結構あります。ここでは、 Tenorshare ReiBoot を使ってiPhoneを初期化することをおススメします。この方法はiOS 11.3/11/10.3.3/10/9.3全部も対応ですし、初心者でも簡単にiPadをリセットし、パスコードロックを解除できます。

無料ダウンロ―ドWin 10/8.1/8/7/XP対応
Secure Download
無料ダウンロ―ドMac OS X 10.8-10.13対応
Secure Download

1. Tenorshare ReiBootをインストールして起動し、デバイスをPCに接続します。

2. ロックされたデバイスをパソコンに接続し、基本画面の右上にある「≡」マークをクリックしてから「iPhoneを工場出荷状態に戻す」を選択します。

Tenorshare ReiBoot Proのアドバンスモード

3. これで、お使いのアイフォンに初期化作業が行われます。動作完了後はもう一度パスコードや他の基本設定をすれば使用できるようになります。

アップルIDパスワードを忘れた時の対処法

アップル社が提供しているクラウドストレージサービスのiCloudや、app storeでアプリをダウンロードする場合などに必要なApple IDを忘れると、色んなサービスを利用できなくリ結構面倒なことになります。

では、Apple IDがわからなくなってしまった場合、どうすればいいでしょうか。以下の手順に従って操作してください。

AppleIDを忘れた時の対処方法

Step1: 「safari」を開き、appleid.apple.com.と入力してページを開きます。「AppleIDを忘れですか?」をクリックします。

アップルIDパスワードを忘れた時の対処法

Step2:名、姓、メールアドレスをそれぞれ入力します。「Apple ID が見つかりません」と表示される場合は、「もう一度試す」をクリックして、別のメールアドレスを入力してみます。

パスワードの変更/再設定方法

Step1:iPhone X/8/7 Plus/7/6s/6/5s/5で「Apple IDを管理」にアクセス→「サインインできませんか?」という画面が表示されたら、入力欄にApple IDを入力→「次へ」をタップ します。

Step2:パスワードのリセット方法を、「メールを受け取る」または「セキュリティ質問に答える」から選びます。「次へ」をタップします。Appleのガイドに従って、新たに設定したいパスワードを2回入力して、「パスワードをリセット」をタップします。「パスワード変更済み」と表示されたら、パスワードの再取得は完了です。「お客様のアカウントに移動します」をタップして、問題なくログインできるかを確認してください。

パスワードの変更/再設定方法

iPhoneアクティベーションロックを回避する方法

AppleのiCloudアクティベーションロックはiPhone/iPad/iPodなどのアップル製品が盗難されたりしても、個人的なプライバシーがきちんと保護された仕組みです。

持ち主は「iPhoneを探す」を設定して、自分のApple IDでiPhoneをロックすることができます。そうすると、他人がそのデバイスを使おうとすると、必ず元のApple IDとパスワードを入力しなければなりません。

それにネットやフリーマーケットで購入したデバイスあるいは中古iPhoneが使えない場合もあります。

ここでiCioudアクティベーションロックを回避する方法をご紹介します。

方法1 以前の持ち主に頼んでApple ID とパスワードを入力

以前の持ち主が近くにいない場合は、その人に連絡し、そのアカウントからデバイスを削除してもらいます。

Apple ID で iCloud.com にサインイン→「iPhone を探す」を選択→
「すべてのデバイス」を選択→削除するデバイスを選択→「アカウントから削除」をクリック→デバイスを再設定します。

方法2 サードパーティを頼んでアクティベーションロックを回避

実際に、ネットで様々なアクティベーションロック解除ツールが見つけられます。ここには、私が見つけたソフトウェアのうちの1つがあります。だけど、これを使用でロック解除できるかどうかを本当は知らないと言えます。もしなければ、方法3をやってみてください。

1. iCloud Unlock toolを起動

2. 「Check」を押すと接続されたデバイスを自動的に検索します。

3. IMEI(それはiDeviceの裏側で見つける)やEmailに入ります。適当なServer your Apple Deviceを選択します。

4. 「I agree the terms of Use」をクリック、「Unlock」をタップします。すべてのデータがサーバー結果において処理されます。あなたのEメールが送られます 。Eメールのメッセージをチェックし、iDeviceにデータを入力します。

サードパーティを頼んでアクティベーションロックを回避

方法3 オンラインのiCloudロック除去サービス

Online iCloudロック除去サービスも多いようです。例えば、iCloud OffcialiPhoneUlock.co.UKが作ったActivation Lock Removal。

ネットでOfficial iPhone Unlockを検索して、iCloudロック除去サービスを選択して購入します。

オンラインのiCloudロック除去サービス

iTunesバックアップ暗号化を解除

iTunesでiPhoneのデータをバックアップ時にはパスワード(暗号化)を設定することが多いです。そして、iOS 11にアップデートする後、iTunesバックアップからデータを復元しようとしたら、パスワードをすっかり忘れてしまって全然思い出せないこともよくあると思います。

iTunesバックアップパスワードを忘れた

ここで、iPhone/iPad/iPodのiTunesバックアップの暗号化を高速に解除できるソフト「iPhone Backup Unlocker」をおススメします。直感的なUIデザインで誰でも簡単に操作できますし、パスワード解析中にファイルを移動したり破壊したりすることもありませんので、ファイル破損によるデータ紛失を避けることもできます。

無料ダウンロ―ドWin 10/8.1/8/7/XP対応
Secure Download

以下の操作手順に従って、iTunesバックアップのパスワードを解除 してみましょう。

ステップ1:iPhone Backup Unlockerをインストールして、iOS 11のデバイスをパソコンに接続します。そして「追加」をクリックして、暗号化されたiTunesバックアップファイルを選択します。

バックアップファイルを選択

ステップ2:総当たり攻撃、類推攻撃、辞書攻撃の三つの解析モードから一つ選択します。

ステップ3:「開始」をクリックして解析を開始します。パスワードが解析できたら、画面に表示されます。その表示されたパスワードをコピーして、iTunesバックアップのロックを解除しましょう。

iTunesバックアップ暗号化を解除

iTunesバックアップパスワード解除の詳細手順はこちら: 最適な3つ対処法:iTunesババックアップのロックを解除

メモのロックを解除する方法

「メモ」アプリで作成したメモを他人に見られないようにパスワードを設定して保護することができます。

もし、メモロックのパスワードを忘れてしまったら、新たなパスワードに強制的に変更することができますか?

もちろんできますよ!

ステップ1:「設定」→「メモ」→「パスワード」→「パスワードをリセット」の順にタップします。

ステップ2:Apple IDのパスワードを入力して「OK」→「パスワードをリセット」の順に進み、新しいパスワードを入力して「完了」をタップします。これで、メモのパスワードが更新されます。

メモの パスワードに強制的に変更

機能制限パスコードを忘れた時の対処方法

機能制限パスコードは、子供が安全にiPhone/iPadを利用するために非常に重要な機能です。機能制限パスコードを忘れた場合の対処方法は、基本的にはiPhoneを初期化する必要があります。

デバイスを初期化するには Tenorshare ReiBoot を利用すれば簡単にできます。

無料ダウンロ―ドWin 10/8.1/8/7/XP対応
Secure Download
無料ダウンロ―ドMac OS X 10.8-10.13対応
Secure Download

ステップ1:ソフトをインストールして、デバイスをパソコンに接続します。

ステップ2:基本画面の右上にある「≡」マークをクリックしてから「iPhoneを工場出荷状態に戻す」を選択します。

Tenorshare ReiBoot Proのアドバンスモード

ステップ3:初期化するためのファームウェアをパソコンにダウンロードし、それが完了したら「修復開始」をタップしてシステムの初期化作業を開始します。

ファームウェアをダウンロード

ステップ4: iPhoneを初期化後、デバイス内のデータがすべて消去され、機能制限もオフになります。

iPhoneをSIMロックを解除(SIMフリー化)

SIMロックとは、お使いのiPhoneはNTTドコモやAU、ソフトバンクで契約をすると、他のキャリアで使うことができないことです。その機種にSIMロックをかけて、他社のSIMを挿しても認識しないようにしていますので、他社のSIMを挿入すると「SIMが無効です」というメッセージが表示されます。

それはiPhoneのハードウェアの問題ではなく、購入した自社以外の通信が使えないようにロックしているわけです。

SIMロックの解除には、「店頭で手続きする」「自分で作業する」という二つの方法があります。

店頭で手続きする

各キャリアの店頭で解約手続きを申し込む場合には、3000円の手数料がかかります。店が混んでいて待たせる場合がありますが処理には簡単ですぐに終わらせます。

自分でSIMロックを解除する

自分で手続きする場合には、費用はかかりません。自宅でも操作できます。
しかし、契約しているキャリア以外のSIMカードが必要になります。

1. ソフトバンクのウェブページで対応機種を確認します。

 自分でSIMロックを解除する

2. My SoftBankにログインして「契約確認」の「手続き一覧」からSIMロック解除のページを開き、「IMEI番号」を入力します。

 自分でSIMロックを解除する

3. 「解除手続きをする」をクリック→他社製のSIMをiPhoneに入れる→iPhoneをアクティベート→ネットワークを確認します。

まとめ

以上はiPhoneの各種のパスコード/パスワードロック解除する方法です。iTunesばバックアップファイルのパスワードを忘れたらテータの復元ができなくなるので、ぜひ「Tenorshare iPhone Backup Unlocker」を使って解析してみてください。今回の記事も、お役に立てれば幸いです。

無料ダウンロ―ドWin 10/8.1/8/7/XP対応
Secure Download
関連記事
暗号化したiTunesバックアップのパスワードを復元する方法
iTunesと同期したところ、iPhoneがiTunes接続画面にフリーズした2つの対処法
iPhone、iPad、iPod touchが再起動を繰り返した不具合に関する四つの対処法
comments powered by Disqus