Menu
ホーム >> 記事 >> iPhoneの不具合と解決策まとめ >>
iPhoneのパスコードロック解除法

iPhoneパスコードを忘れてロックされた時の解除法

2017/11/28 14:37 / Jenefey AaronDFUモードに投稿した:
Follow @JenefeyAaron

iOSデバイスのパスコードは複数回入力して間違えると、次回入力までの時間制限が画面上に表示されます。最大10回まで入力可能ですが、10回目を間違えると、「iPhone/iPad/iPod touchは使用できません iTunesに接続」というメッセージが表示され、操作できない状態になります。

その時は、普通バイスをリカバリーモードから復元(初期化する必要があります。今回の記事では、iPhoneパスコードを忘れてロックされた時に使える三つの対処方法をご紹介したいと思います。ご参考にしていただければ幸いです。

iPhone ロック

iPhone/iPad/iPod touchパスコードロックの解除方法

1. iTunesでiPhone/iPadを初期化(リセット)する
2. iCloud でiOSデバイスを消去する
3. 専門ソフトを使ってiPhoneのパスコードを解除する

1. iTunesでiPhone/iPadを初期化(リセット)する

お使いのiPhone/iPadはiTunes で同期したことがある場合は、「iTunes バックアップから復元」を利用すればいいですが、同期したことがない場合や、iCloud で「iPhone を探す」を設定していないなら、リカバリモードを使ってiPhoneを初期化(リセット)するのは最も一般的な方法です。

まずはiOS デバイスをコンピュータに接続して、iTunes を開きます。そしてデバイスを接続している状態で強制的に再起動します。それをできたら、デバイスにリカバリモードの画面が表示されます。その後、iTunesで「復元」を選択します。復元が終わるまでしばらく待ちして、動きが終わったら、デバイスのロックが解除され、再設定すればまたお使いになれます。

iPhone 復元

2. iCloud でデバイスを消去する

iPhoneまたは Mac で「iPhone を探す」を設定してある場合は、iCloud でデバイスを消去するするのも一つの方法です。手順については、icloud.comにアクセスし、登録後はブラウザウインドウの上部の「すべてのデバイス」で操作対象を選んで消去すればいいです。これを実行すると、デバイスのデータ及びそのパスコードが全部削除されます。その後、バックアップから復元するか、新しいデバイスとして設定できます。

iPhone 消去

3. 専門ソフトを使ってiPhoneのパスコードを解除する

Apple公式ツール以外にも、iOSデバイス用の専門修復ツールTenorshare ReiBootを利用すれば、iPhoneのパスコードロックを解除することも可能です。

操作手順は以下の通りです。

1. まずはソフトをインストールし、起動します。

2. ロックされたデバイスをパソコンに接続し、基本画面の右上にある「≡」マークをクリックしてから「iPhoneを工場出荷状態に戻す」を選択します。

3. これで、お使いのアイフォンに初期化作業が行われます。動作完了後はもう一度パスコードや他の基本設定をすれば使用できるようになります。

iPhone 初期化

動画案内もありますので、是非チェックしてください~♪

最後に

上記の三つの方法を実行すると、お使いのiPadのパスコードと他のデータがすべて消去されますの、事前にバックアップを作成していない限り、デバイスのデータを保存する方法はありません。万一の事態に備え、重要データを定期的なバックアップでしっかり保存しておきましょう。

関連記事
【2017のMac版】忘れた暗号化したiTunesバックアップパスワードを解除
iOS 11デバイスのiTunesバックアップパスワードのロックを解除する一番優れたソフト
iPhone 8/8 Plus:DFUモードへの入り方と解除方法
comments powered by Disqus
おすすめ製品
Tenorshare ReiBoot
ご利用ガイド
Tenorshare ReiBoot for Mac
ご使用様の声
無料ダウンロード無料ダウンロード