ホーム >> 記事 >> iOSデータ転送 >>
 Macから音楽・曲をiPodへ

Macから音楽・曲をiPodに入れる方法

2018/05/03 14:23 / Jenefey AaroniOSデータ転送に投稿した:
Follow @JenefeyAaron

MacからiPodへ音楽・曲を入れたい

iPodは、曲を聞くことをメインに作られた携帯用音楽プレイヤーで、iPodに音楽データを入れておくことで、いつでもどこでも曲を聞けるようになりますね。携帯用ということでサイズも小さいので、主に外出先で曲を聞くというのが使い道になるでしょう。

iPodには最初、音楽データは入っていませんのでなんらかの方法で持っている曲をMacやコンピューターから転送してあげる必要があります。

iTunesからiPodへ転送したり、他のソフトを使って行うのが一般的です。どちらの方法でも簡単に音楽を同期できるので、Macから音楽・曲をiPodに音楽を入れるそれぞれの方法をチェックしておきましょう。

iTunes同期で音楽をMacからiPod touch/nano/classicへ一括転送

iTunesを利用すればiPodへ音楽・曲を簡単に一括同期ができます。iTunesから音楽をiPodに取り込む手順は以下の通りです。(iPodを接続する前に、iTunesで「自動同期」の設定が停止になっているかを必ず確認してください。)

ステップ1:iTunesを立ち上げて、「iPodをパソコンに接続します。正しく接続されていれば、iTunesの画面左上にiPodのような形をしたアイコンが出てきますのでそちらをクリックします。

ステップ2:メニューバーで「ファイル」 → 「ファイルをライブラリに追加」をクリックして、iPodに入れたい音楽をiTunesライブラリに取り込みます。

音楽ファイルをライブラリに追加

ステップ3、iPodの管理画面に入って、「ミュージック」を選択します 。

「音楽を同期」をチェックして、「同期」をクリックします。そうするとiTunesライブラリに追加した曲はiPodに一括で取り込むようになります。

iTunesからiPod 音楽同期

一部の曲のみMacからiPodに入れたい場合の転送方法

iTunesの同期では、Macに保存されている曲が一括で転送されてしまいます。iPodに曲を入れる方法として、一部の曲だけを転送するやり方も覚えておきましょう。

Macから一部の音楽・曲のみiPodに入れたい場合は、「Tenorshare iCareFone」を使えば簡単に実現できます。Tenorshare iCareFoneはiOSデバイス専用のデータ管理ソフトで、各種データの管理、バックアップ&復元、または不具合解消にも対応可能です。

無料ダウンロ―ドWin 10/8.1/8/7/XP対応
Secure Download
無料ダウンロ―ドMac OS X 10.8-10.13対応
Secure Download

それでは、Tenorshare iCareFoneを使って一部の曲だけをMacからiPodに入れる方法をご紹介します。

ステップ1:MacとiPodをUSBケーブルで接続し、iCareFoneを起動します。

ステップ2:ファイル管理の項目をクリックして、「音楽」を選択します。

iPod 音楽管理

ステップ3:メニューバーで「インポート」をクリックして、フォルダ選択画面が表示されるので、音楽ファイルの保存先フォルダを選択して、転送したい曲を選んで「Open」ボタンをクリックすると自分の選んだ一部の曲だけが転送されます。

MacからiPodに音楽を入れる

音楽の転送が完了したら、iPod touch/nano/classicで音楽ファイルが正常に転送されたかを確認してください。

最後に

iPodにMacの音楽を入れたい場合は、iTunesやiCareFoneを使うのが簡単で手軽な方法です。

特にiCareFoneは一部の曲だけを自由に選んで入れられるので、不要な音楽を入れてしまうことがなく便利です。

無料ダウンロ―ドWin 10/8.1/8/7/XP対応
Secure Download
無料ダウンロ―ドMac OS X 10.8-10.13対応
Secure Download
関連記事
iPhone・iPod・iPadからMacパソコンへ音楽を転送する方法
iTunesを使わずに音楽をiPhoneに入れる方法
iTunesとiPhoneが同期ができない時の対策方法
comments powered by Disqus