Menu
ホーム >> 記事 >> iPhoneの不具合と解決策まとめ >>
iOS 10アップデート後、iPhoneが勝手に再起動する3つの対処法脱出方法

iOS 10.1アップデート後、iPhoneが勝手に再起動する場合の3つの対処法

2017/2/2 11:18 / iOS 10不具合と解決策まとめに投稿した:
Follow @JenefeyAaron

「iOS 10.1/10.2にアップデートしてからiPhoneが予期せぬタイミング再起動します」ということがアップル会社のサポートページに載せています。iPhoneが勝手に再起動してしまうということ、経験がありますか?

夜に充電し100%になるとiPhoneがいきなり再起動してしまい、iPhoneを触っていると白い画面にリンゴマークが表示され、その後勝手に再起動が行われてしまうという現象が現れたら要注意です。

ここでは、iOS 10.1/10.2にアップデートしてからiPhone X/8(Plus)/7/6S/SE/6がタイミング再起動するこの不具合を解消する3つの対処法をご紹介します。まず、不具合を解消する専門的なアプリ「ReiBoot」をおすすめします。

iPhoneが勝手に再起動したこの不具合を1クリックで解消

iPhoneでインタネットをしている際に突然再起動することや、iPhone再起動すると、長い時間がかかることなどの不具合が起こった際に、皆さんはどうしますか?どうにか正常に再起動できなかったら、手動でiPhoneを強制再起動してはどうだろう?手順は以下の通りです:

「電源」ボタンと「ホーム」ボタン同時に数秒間長い押しします。

手動でiPhoneを強制再起動する

手動でiPhoneを強制再起動できない場合は、iOSの不具合を解消するアプリReiBootで試みます。以下の手順に従ってやってみましょう。

ステップ1:「ReiBoot」をインストールし、立ち上げる→iPhoneをPCに接続→「リカバリーモードに入る」をタップする。

iPhoneを強制再起動する1

ステップ2:「リカバリーモードを解除」をクリックする。

iPhoneを強制再起動する2

数秒間後、いきなり再起動してしまったiPhoneをReiBootで強制再起動します。

突然に再起動するiPhoneのシステムをReiBootのスタンダードモードで復元

1の方法で試しても相変わらずアイフォンが勝手に再起動したら、ReiBootの「システムを修復」で頻繁に再起動するiPhoneのシステムをチェックしてみましょう。

iPhoneのOSでバグが発生すると、いろいろな不具合が起こったのでしょう。たとえば、リンゴループ、リカバリーモード、再起動ループ、勝手に再起動など。ここでは「ReiBoot」のスタンダードモードでiPhoneのシステムを修復する方法を説明します。

下記はアイフォンが勝手に再起動することに対しする操作の手順です。

ステップ1:「ReiBoot」を起動する→iPhoneをパソコンにつなぐ→「今すぐ修復」をタップする。

今すぐ修復をタップ

ステップ2:「ダウンロード」にクリックする。

ファームウェアをダウンロードする

すると、対応しているiPhoneのファームウェアをダウンロードします。

ステップ3:「修復開始」をタップする。

iPhoneのOSを復元する

少し時間がかかりますので、お待ちください。

勝手に再起動が行われてしまうiPhoneのOSをReiBootのアドバンスモードで復元

iOSデバイスがいきなり再起動したり、Appleログや回転するギアマークが表示されたりすることが何度も出てくるなら、ReiBootの「アドバンスモード」に任せてください。

操作の手順は「スタンダードモード」とほぼ同じです。アドバンスモードを利用したい場合は、iPhoneを接続しないで、以下の画面に表示した「アドバンスモード」をタップした後、iPhoneをパソコンに接続します。すると、「アドバンスモード」が利用できるようになります。

アドバンスモードに入る

最後に

以上です。この記事は、iPhoneが勝手に再起動することや、アップルマークが表示され突然に再起動してしまう不具合に悩んでいる人が試すべき3つの対処法です。同じような症状が出ている方はぜひご覧になります。今日も最後読んで頂いてありがとうございます。

関連記事
iOS 10.2アップデート後にiPhoneの電源が急に落ちる3つの対処法
iOS 10.2にアップデート後に、ローマ字入力できない対処法
脱獄後にiPhone再起動繰り返すの対処法
comments powered by Disqus