Menu
ホーム >> 記事 >> iOSシステム最適化 >>
iOSデバイスからSafariのGoogle・Yahoo検索、閲覧履歴、Cookie、キャッシュの削除方法

iOSデバイスからSafariで検索・閲覧履歴、Cookie、キャッシュの消し方

2017/6/09 15:23 / Jenefey Aaron iOSシステムを最適化 に投稿した:
Follow @JenefeyAaron

iPhone、iPad、iPod touchのネットワークを使って、Safariで閲覧や検索の履歴、また、クッキーやキャッシュの一時ファイルが残っています。

Safariの閲覧や検索の履歴が他者に見たくないが、削除したいです。

クッキーやキャッシュの一時ファイルが積み重ねて、iOSデバイスの反応が遅くなります。

この状態で、今回の記事はiOSデバイスからSafariでクッキー、キャッシュ、Google・Yahoo検索、閲覧履歴の削除方法を紹介します。

1.アイフォンのSafariからGoogle、Yahoo検索、閲覧履歴を消去・残さない

iPhone 7/7 Plus/SE/6s/6/5s/5c/5で、Safariを使用して、Google・Yahoo検索や閲覧履歴などを残します。

以上の表示したものを残さない場合に、以下の方法で削除できます。

Safari」を開く→「ブックマーク」をタップと進み→「履歴」を入る→「消去」をクリック 。

「履歴」の「消去」をクリック

「消去」を選んで、CookieとWebサイト(Google・Yahoo)のデータをこiPhoneから消去します。履歴はすべてのiCloudデバイスから消去されます。デバイスから消去した履歴は時間通りで4つの選択肢があります。

「消去」の選択肢

また、個別の履歴に削除もできます。消去したい履歴を選んで押して、左辺に滑ります。

safariの「履歴」を個別に削除

2.iOSデバイスでSafari のCookie、キャッシュの一時ファイルを消した

Safariで閲覧履歴を削除ではなくて、iOSデバイスからCookie(クッキー)やキャッシュも消去できます。

手順も簡単です。iPhoneの「設定」を選択→Safariを入る→「履歴と Web サイトデータを消去」をクッリク。

safariの「履歴」とCookieを削除

消去すると、履歴、Cookie、その他のブラウズデータが削除されます。

では、以上の方法が、閲覧履歴、Cookie、閲覧データを Safari から削除しても、自動入力の情報は変更されません。

一体で、以上のデータを削除できますか?ここはiCareFoneをおすすめします。ブックマークからSafariの閲覧や検索残した履歴を削除ではなく、Cookieやキャッシュのすべての一時ファイル、ジャンクファイルも消します。

手軽な操作は以下でご覧ください。

iCareFone(iPhone Care Pro) 無料体験版:
無料 Windows
無料 Mac

選択肢1、iCareFoneを起動して→「ファイル管理」を入る→「ブックマーク」をクッリク→削除する

ブックマークからさを選択

選択肢2、iCareFoneを起動して→「高速化&削除」をクリック >「クイックスキャン」をクリックと進み > 削除したい項目を選択 > 削除する。

この部分はSafariなどの「ジャンクファイル」「一時ファイル」を削除できます。

ファイルを削除

また、iCareFone を使って、無料でiPhone、iPad、iPod touch のiOSデバイスがSafariでポップアップした広告を阻止できます。

Safariの 広告を消す

終わりに

iOSデバイスからSafariで検索・閲覧履歴、Cookie、キャッシュの消し方を比べて、自分の状態に対して、 適当な方法を選ぶます。1つのソフトウェアを使って、以上の問題を全部解決できますが、とても便利だと思います。ここでも、MacとiOSデバイスでのiMessage履歴を削除する方法をおすすめします。ご参考になれば、何よりです。今日も最後読んで頂いてありがとうございます。

関連記事
iPhoneから削除したSafariの履歴を復活する一番おすすめ3つの方法
MacとiOSデバイスでのiMessage履歴を削除する方法
iOS 10にアップデートしたら、iPhone、iPad、またiPod touchの動作が遅くなった
comments powered by Disqus
おすすめ製品
iCareFone
ガイド
みんなのレビュー ( 10 )
無料ダウンロード