Menu
ホーム >> 記事 >> iTunesバックアップの暗号化を解除 >>
辞書攻撃,辞書ファイル,暗号解読,暗号解析

辞書攻撃の使い方

2016/11/30 16:05 / Jenefey AaroniTunesバックアップの暗号化を解除に投稿した:
Follow @JenefeyAaron

安全のために、多くの方はパスワードでTunesでのiPhoneバックアップファイルを暗号化します。確かに大切なデータを保護していたが、そのパスワードを忘れてしまうと大変困ります。ここでは、暗号化したiTunesバックアップのパスワードを解読し、ロックを解除するアプリ「iPhone Backup Unlocker」をおすすめします。アプリでの「辞書攻撃」で強い暗号解析技術を搭載し、暗号化したiTunesバックアップのロックを手軽に解除できます。

Tenorshare iPhone Backup Unlocker無料体験版
ダウンロード

ところで、辞書攻撃は何ですか?辞書ファイルは何ですか?そして、「iPhone Backup Unlocker」での「辞書攻撃」の使い方は何でしょう?今回は一つずつご紹介します。では、始まりましょう。

辞書攻撃とは?

辞書攻撃とは暗号解読方法の一つです。「ディクショナリ アタック」とも呼ばれます。辞書に載っている単語を次々と試すことや、単語を少し変えたものを片っ端から試していくやり方で、パスワードを解読します。

辞書ファイルとは?

辞書ファイルは数字を加えたものや、大文字と小文字を混ぜたものなどを指します。可能なパスワードを収集し、辞書ファイルとして保存します。辞書ファイルは利用者がパスワードとして使いがちな単語、あるいは、使用者が利用頻度の高いパスワードとういことです。

よい辞書ファイルはもっと高速に紛失したパスワードを復元することができます。iTunesバックアップの暗号化したパスワードを見つけることを専念していた「iPhone Backup Unlocker」はデフォルトの辞書ファイルだけでなく、自分で可能性が高いパスワードも作成することができます。方法は以下のとおり:

1、デスクトップにTXTファイルを作成する

2、TXTファイルを開き、全ての可能なパスワードを入力します。1行に1つのパスワードを書くことは要注意

辞書ファイルを作成

辞書ファイルの使い方

作成した辞書ファイルで忘れてしまったiTunesバックアップのパスワードを復旧する方法は何でしょうか?そういう質問を持っている方はこちらでご覧ください。では、ご紹介します。

ステップ1:iPhone Backup Unlockerをダウンロード、インストール、立ち上げる→「追加」をタップし、アプリは自動的にiTunesバックアップを検索。

iTunesバックアップを検索

ステップ2:表示した画面で「辞書攻撃」を選択→辞書攻撃の「設定」をタップ→「内蔵の辞書を使用」と「カスタム辞書を使用」二つの選択しはあります。適切な辞書ファイルを選ぶます。

辞書ファイルを設定

内蔵の辞書を使用:アプリのデフォルト辞書ファイルを使う
カスタム辞書を使用:自分で作成した辞書ファイルをインポート

ステップ3:「OK」をタップ。すると、出てくる画面に復元したiTunesバックアップのパスワードを表示します。

iTunesバックアップのパスワードを復元

以上です。上記の手順に従って、辞書攻撃で紛失した暗号化したiTunesのバックアップのパスワードを復元できます。パスワードについてどうしても覚えない場合は、iPhone Backup Unlockerでほかの「総当り攻撃」と「類推攻撃」2つの攻撃モードをお試します。

関連記事
暗号化したiTunesバックアップのパスワードを解除する方法は?
iOS 10へのアップデートした後、失われたiPhoneのデータを復元する方法
iPhone機種変更時にLineを引き続ぐ方法(iPhone 7)
comments powered by Disqus
おすすめ製品
iTunesバックアップのパスワードを復元
使い方
レビュー ( 10 )
無料体験