Menu
ホーム >> 記事 >> iOS 11不具合と解決策まとめ >>
iTunesなしで、iPhone用IPSWファイルをダウンロードして、iOS 11パブリックベータ版からダウングレード

iTunesなし、IPSWファイルを利用して、iPhone がiOS 11パブリックベータ版から戻る 

2017/06/08 16:05 / Jenefey AaroniOS 11不具合と解決策まとめに投稿した:
Follow @JenefeyAaron

APPLEが公式iOS版を発表して、iPhoneが自動的にアップデートする情報を受けました。ニーザーがiOSファームウェアをダウングレードして、インストールと進み、対応するシステムを更新します。また、非公式iOS版がいつもiTunesで情報更新しますが、iTunesを利用して、パブリックベータ版からダウングレードできます。

今回の記事で、iTunesなしで、IPSWファイルを利用して、iPhone がiOS 11パブリックベータ版から戻る方法を紹介します。

iTunesなし、IPSWファイルを利用して、iPhone がiOS 11パブリックベータ版から戻る 

iPhone 7/ 7 Plus/ SE/6/6 Plus/6s/6s Plus /5sが iOS 11パブリックベータ版から以下の版に戻りますが、iTunesないで、ReiBootを利用して、IPSWファイルをダウンロードして、iPhone がiOS 11パブリックベータ版からダウングレードできます。

以下の操作方法をご覧ください。

ステップ1:ReiBootをダウンロード、iPhoneをパソコンに接続します。

iPhoneをパソコンに接続

ステップ2.「今すぐ修復」をクッリクと進み、「ダウンロード」をタップします。 適切なファームウェアをダウンロードします。PCにファームウェアがあったら、右下の「インポート」をタップしてインストールします。

ファームウェアをダウンロード

ステップ3.  ダウンロードした後で、「修復開始」をタップします。

システムを修復

ステップ4. システム修復が成功します。

システムを修復成功

そうすると、iTunesなし、IPSWファイルを利用して、iPhone がiOS 11パブリックベータ版から戻ります。

以上の操作のビデオで、見てみましょう!



次は、IPSWファイルのことをちょっと説明します。

IPSWファイルとは何?

iOSファームウェアは、別名” IPSW”や”OFW(Official FirmWare)”とも呼ばれる。

iPhoneやiPad, iPod touchでは、Appleが提供するTSS Severによって署名されているiOS(ファームウェア)へのアップグレード、ダウングレードが可能になっています。ですから、IPSWファイルを利用して、ダウングレードできます。

また、そのファイルをニーザーが一般に見えません。iPhoneの対応するiOSファームウェアを見つけて、ダウンロードして、インストールするのはちょっとめんどくさいですが、
失敗した可能性もあります。

この問題を解決して、以下は、iTunesなしで、自動的にIPSWファイルをダンロードして、少し時間がかかって、iOS 11パブリックベータ版から戻る方法をシャアします。

ノート:

時間も専門知識があれば、手動的にIPSWファイルをダンロードしましょう!こちらへ

ページではのリストで「◯」がついているバージョンへのダウングレードやアップグレードは可能です。お使いのデバイスとファームウェアの互換性を確認、「製品タイプ」に対応版を確認して選択して下さい。

最後に

iTunesなし、IPSWファイルを利用して、iPhone がiOS 11パブリックベータ版から戻ります。ここはiPhone/iPad がiOS 11パブリックベータ版からiOS 10.3.2に戻る方法とは?おすすめします。ご参考になれば、何よりです。今日も最後読んで頂いてありがとうございます。

関連記事
iPhone/iPad がiOS 11パブリックベータ版からiOS 10.3.2に戻る方法とは?
iPhone 7/6s/6が通話途中で切れる時3つの対処法
【iOS 11】iPhone /iPad が最新iOSベータ版をアップデートする方法
comments powered by Disqus
おすすめ製品
ReiBoot
使い方
ReiBoot for Mac
みんなのレビュー ( 19 )
無料ダウンロード無料ダウンロード