Menu
ホーム >> 記事 >> iPhoneの不具合と解決策まとめ >>
iOS 10.2にアップデートした後、ローマ字は入力できない

iOS 10.2にアップデート後に、ローマ字入力できない対処法

2016/12/28 16:05 / Jenefey AaroniOS 10不具合と解決策まとめに投稿した:
Follow @JenefeyAaron

iOS 10.2にアップデートした直後からローマ字を入力する際に、「あいうえお」入力できますが「かきくけこ」を入力すると、「KあKいKうKえKお」と表示されてしまい正常に入力できません。あるいは、iPhoneでローマ字入力できなくなったのです。そのこと、経験がありますか?と聞いてみれば、やはりたくさんの人がそんなことに悩まれています。

インタネットで色々調べてやって見ますが、解決しませんでした。再起動しても、日本のキーボートを一旦削除して追加しても、症状は変わりません。なんとか解決するといいのですか?ここではローマ字が入力できなくなった際に、3つの対処法をご紹介したいです。一つは別のキーボートアプリをインストールして対応します。残った2つの方法はiOS不具合解消アプリ「ReiBoot」で対応します。

まず不具合解消ソフト「ReiBoot」を簡単に紹介したいのです。「ReiBoot」でローマ字入力できないことだけでなく、リンゴループ、再起動ループなどを含むすべてのiOS不具合を解消できるツールです。iPhoneは不具合が起こった際に、「ReiBoot」に任せてください。

ローマ字入力できない際再起動する

インタネットのアドバイスにより、追加したキーボートを削除して、追加しなおしたりすることをやってみましたが、治らないのです。その際に、思いつくのは持っているiPhoneを再起動します。だが、相変わらず入力できないのまま。

その際、とりあえず、「ReiBoot」でローマ字が入力できないiPhoneを強制再起動してみます。「ReiBoot」でPhoneを強制再起動すると、だいたいの不具合を解消できます。手順は簡単で、以下のとおり:

ステップ1:「ReiBoot」をダウンロード、インストール、立ち上げる→iPhoneをパソコンに接続。

ステップ2:「リカバリーモードに入る」をタップ。

リカバリーモードに入る

ステップ2:「リカバリーモードを解除」をタップ。

リカバリーモードを解除

他のキーボートをインストール

上記の方法を試しても、やっぱりダメでした。そういう可能性があります。この際、この方法を試みます。追加したキーボードを削除し、新しいキーボートをインストールします。たとえば、google日本語入力とか。

ReiBootでローマ字入力できない不具合を解消

もう一つの方法はReiBootでローマ字入力できないiPhoneの不具合を解消します。確かに第1目や第2目の方法で試してもダメでした。その際に、この方法で試みましょう。この方法でローマ字入力できないこのことだけでなく、リンゴループ、再起動無限ループ、リカバリーモードのまま、文鎮化などを含む全てのiPhone不具合を解消できます。手順も簡単で、いかのとおり:

ステップ1:「ReiBoot」をインストール、起動→iPhoneをパソコンにつなぐ→「今すぐ修復」をタップ。

今すぐ修復をタップ

ステップ2:出てくる画面で「ダウンロード」をタップします。すると、適切なファームウェアをダウンロードします。

ファームウェアをダウンロード

ステップ3:ダウンロードしたら、「修復開始」をタップします。ローマ字入力できなくなったiPhoneシステムを修復します。少し時間がかかりますので、完了までお待ちください。

ローマ字入力できない不具合を解消

さらに

以上です。iOS 11/10.3.3/10.3/10.2にアップデート後にiPhoneがローマ字入力できなくなったことに悩まれていた方々はぜひ一度ご覧になります。ご参考になれば幸いです。今日も最後まで読んで頂きましてありがとうごあざいました。

関連記事
iOS 10にアップデートしたあと、リンゴループになったiPhone 7を復元する方法
脱獄後にiPhone再起動繰り返すの対処法
iPhone 7/SE/6S/6でiOS 10/9更新中にiPhoneがフリーズして反応しない時一番お勧め4つの対処法
comments powered by Disqus
おすすめ製品
ReiBoot
使い方
ReiBoot for Mac
みんなのレビュー ( 19 )
無料ダウンロード無料ダウンロード