Menu
ホーム >> 記事 >> iPhoneの不具合と解決策まとめ >>
iOS 10.2アップデート後にiPhoneの電源が急に落ちる対処法

iOS 10.2アップデート後にiPhoneの電源が急に落ちる3つの対処法

2017/01/07 16:05 / Jenefey AaroniOS 10不具合と解決策まとめに投稿した:
Follow @JenefeyAaron

最近iPhoneのiOS 10.2をアップデートしたら、バッテリー残量が十分なのに電源が落ちてしまいます。電源が落ちるこの不具合は、以前から度々報告されましたが、今でも相変わらずよく出てくるのです。

「今年の初め頃から充電が残っているにも関わらず、電源が勝手に落ちてしまいます」ということはアップル公式サイトに載せています。iOS 10.2にアップデート後、バッテリーが残り28%を下回ると突然電源が落ちるとか、残量30%くらいになると突然落ちるとか、こんなトラブルが発生することはありませんか?他にも、iPhoneが再起動無限ループとか、リンゴループとか、こんな不具合が発生していると要注意です。

ここではiOS 10.2にアップデートしたら、電源が突然切れる場合の3つの対策を解説します。

1、動作しているアプリを完全に終了する

OSをアップデートしていると、確かに以前のOSより色々なメリットがありましたが、新しいバグや不具合を起こったことも増えています。しかし、電源が落ちることや、リカバリーモードになったことやリンゴループなどの不具合が相変わらず出てきます。電源が落ちると、動作しているアプリを完全に終了することをやってみます。手順は以下のとおり:ホームボタンを2度押してマルチタスク画面を起動し、アプリを上方向にスワイプさせます。

アプリを終了

2、バッテリーリフレッショを試す

iOS 10.2にアップデート後に、iPhoneの電源が落ちるこの症状が現れてから、とりあえず、バッテリーフレッショを試してみます。操作の手順は簡単です:一度iPhoneのバッテリーを0%まで使い切り、電源が完全に落ちた状態で30分ほど放置し、バッテリーを100%になるまで充電を試してください。

バッテリーフレッショを試む

3、ReiBootで電源が落ちるiPhoneシステムを修復

iOS 10.2アップデート後に、ふと気づくとiPhoneの電源がよく落ちることはiPhoneのOSなの原因でしょうか。1~2の対処方法で改善できない場合は、ReiBootで電源が落ちるiPhoneシステムを修復この方法をお試してください。

ここではiPhone不具合を解消するアプリ「ReiBoot」を簡単に紹介したいと思います。「ReiBoot」で電源が落ちることだけでなく、文鎮化、リンゴループなどの不具合も解消できます。

操作の手順は以下の通り:

ステップ1:「ReiBoot」をダウンロード、インストール、起動→iPhoneをパソコンにつなぐ→「今すぐ修復」をタップ。

今すぐ修復をタップ

ステップ2:「ダウンロード」をタップします。自動的にiPhoneにふさわしいファームウェアをダウンロードします。

ダウンロードをタップ

ステップ3:ダウンロード完了したら、「修復開始」をタップします。「ReiBoot」は電源が落ちるiPhoneのOSを復元します。少し時間がかかりますので、完了するまでお待ちください。

iPhoneのOSを復元

さらに

以上です。iOS 10.2にアップデートした後、バッテリー残量があるのにiPhoneの電源が落ちるとうい不具合が発生したiPhoneユーザーはぜひご覧ください。今日も最後読んで頂いてどうもありがとうございます。

関連記事
iOS 10にアップデートしたあと、リンゴループになったiPhone 7を復元する方法
リンゴループ、リカバリーモードになったなど不具合を解消する対処法は?
iPhone 7/SE/6S/6でiOS 10/9更新中にiPhoneがフリーズして反応しない時一番お勧め4つの対処法
comments powered by Disqus
おすすめ製品
ReiBoot
使い方
ReiBoot for Mac
みんなのレビュー ( 19 )
無料ダウンロード無料ダウンロード