Menu
Reibootの使い方
カテゴリ
ReiBootを実行
ReiBoot概要
一回クリックでリカバリーモードに入る
一回クリックでiPhone/iPad/iPodをリカバリーモードに入る
一回クリックでリカバリーモードから解除
一回クリックでiPhone/iPad/iPodをリカバリーモードから解除
iPhone/iPad/iPodがAppleログにフリーズした不具合を解消
iPhone/iPad/iPodがAppleログにフリーズした不具合を解消する方法
iPhone/iPad/iPodがリカバリーモードにフリーズした不具合を解消(iTunesが必要)
iPhone/iPad/iPodがリカバリーモードにフリーズした不具合を解消する方法(iTunesが必要)
他のiOSフリーズの不具合を解消
他のiOSフリーズの不具合を解消する方法
パート7:iOSシステムを修復
不具合が発生したiOSシステムを修復するガイド

不具合が発生したiOSシステムを修復するガイド

iOSシステムは不具合が発生した場合、一般的の方法では、リカバリーモードに入るまた解除することで不具合を解消できます。しかし、リンゴループ、リカバリーモード/DFUモードにフリーズ、崩壊、ブラックスクリーン、ブルースクリーン等の不具合が発生した場合、iPhoneを再起動しても改善できませんでした。その際、ReiBootの「システム修復」でこれらの不具合を解消でき、iPhoneを最適化します。ここでは、操作の手順をご紹介します。

ステップ1:iOSデバイス(iPhone、iPad、iPod)をPCに接続

ReiBootは「スタンダードモード」と「アドバンスモード」2つの修復モードがあります。「スタンダードモード」で大体の不具合を解消できます。このモードで解消できない場合は、「アドバンスモード」をお試します。

iOSデバイス(iPhoneを例に)をパソコンに接続しない場合、「修復開始」をタップすると、出てくる画面にiPhone 7(Plus)とiPhone 7(Plus)以外をリカバリーモードにする方法を別々に表示されます。リカバリーモードに入らない場合、「DFUモードに入ります」をタップすると、DFUモードに入る手順が表示されます。

 リカバリーモードに入る手順(win)
 リカバリーモードに入る手順(win)

iPhoneをパソコンに接続したら、ReiBootは自動的にiPhoneを認識します。ここでは、「スタンダードモード」を例に、不具合が発生したiOSシステムを修復できます。「アドバンスモード」の操作の方法はほぼ同じです。

iPhoneをパソコンに接続 (win)
 リカバリーモードに入る手順(win)

ステップ2:ファームウェアをダウンロード・インポート

「修復」をタップし、ファームウェアのアドレスを自動的に取得して、、ダウンロードしたいファームウェアの保存先を選択するために、「参照」をクリックします。すると、「ダウンロード」をタップして、ファームウェアをパソコンにダウンロードします。少し時間がかかりますので、しばらくお待ちください。

ファームウェアをダウンロード1(win)
ファームウェアをダウンロード1(win)
ファームウェアをダウンロード2(win)
ファームウェアをダウンロード2(mac)
注意:
1、ソフトでファームウェアを成功にダウンロードできない場合、「コピー」をタップして、ブラウザでダウンロードします。   
2、この前、ファームウェアをダウンロードした場合、下部の「参照」をタップして、ファームウェアをインポートします。

ステップ3:システムを修復

ダウンロードを完了した後、出てくる画面で「修復開始」をタップして、ファームウェアをチェックして、システムの修復が始まります。修復している時、データを消去・削除しない。

システムを修復(win)
システムを修復(mac)

成功に修復するには、下記のように表示します。修復できない場合、「アドバンスモード」を試します。

 システムを成功に修復(win)
システムを成功に修復(mac)