Menu

iCareFoneでiPhoneを軽く・高速化する方法

カテゴリ
システムを修復
iOSのフリーズを修復
ファイル管理
軽く・高速
バックアップ & 復元
広告を消す
人気記事
MacとiOSデバイスでのiMessage履歴を削除する方法
iPhone、iPad、iPod touchは再起動ループを繰り返す不具合時の一番おすすめ4つの対処法
iPhone 7/SE/6S/6でiOS 10/9更新中にiPhoneがフリーズして反応しない時一番お勧め4つの対処法

iPhoneシステムを高速化するガイド

Tenorshare iCareFoneはiPhone、iPad、iPodの多様な不具合を解消する総合ツールです。このソフトを使用して、データを削除しないうちに、ジャンクファイルを削除、デバイスを軽く、連絡先や写真やアプリを管理、iOSデバイスをバックアップ・復元できます。

注意:Tenorshare iCareFone他の機能を試しようとしたら、「ホームに戻る」をクリックしてメニュに戻し、他の機能を体験できます。また、メニューバーから選択すとこともできます。

main interface

パート1:iPhone、iPad、iPodでのジャンクファイルを削除
パート2:一時ファイルを削除し、メモリを解放
パート3:写真をバックアップ・圧縮・削除
パート4:iPhone、iPadの大容量ファイルを検索・削除
パート5:iOSデバイスでの不要なアプリを削除

パート1:iPhone、iPad、iPodでのジャンクファイルを削除

ジャンクファイル(アプリのキャッシュ)をクイッククリーン、動作が重くになったiPhoneを軽くして高速化します。

ステップ1:iCareFoneを起動して、USBケーブルでiPhone、iPad、iPod touchをパソコンに接続します。

speedupを選択

ステップ2:「高速化&削除」をクリック、出でくる画面でこの前スキャンの日付と解放したメモリを表示されます。そして、「クイックスキャン」をクリックして、デバイスをスキャンします。

デバイスをスキャン

ステップ3:スキャンの時間がストレージによって決まります。この前、一度もスキャンしなかった場合は、長い時間をかかる可能性があります。スキャンした結果で、削除したい項目を選択してください。

スキャンした結果

削除」ボタンをクリックしてジャンクファイルが高速化に削除します。

ジャンクファイルを削除

一般的に、ジャンクファイルを削除してメモリを解放した後、デバイスが軽くになります。

パート2:一時ファイルを削除し、メモリを解放

iOSアプリを実行している時、一時ファイルが自動的に作成します。一時ファイルがあまり使用しないですが、iPhone/iPadの動作を緩慢させます。それで、一時ファイルを削除し、メモリを解放して、デバイスを最適化します。

ステップ1:iCareFoneを起動して、iPhone、iPad、iPod touchをパソコンに接続します。

ステップ2:「高速化&削除」をクリック、出でくる画面でこの前スキャンの日付と解放したメモリを表示されます。そして、「クイックスキャン」をクリックして、デバイスをスキャンします。

デバイスをスキャン

ステップ3:1分間がかかります。その後、クリーンしたい一時ファイルを削除します。

スキャンした結果

ステップ4:「一時ファイル」の「削除」をクリック、iCareFoneは一時ファイルを自動的に削除します。

一時ファイルを削除

パート3:写真をバックアップ・圧縮・削除

iPhone、iPadのカメラロールと写真はストレージの大部分が占めますか?iCareFoneは写真をバックアップ、画質を損失せずに圧縮できます。

ステップ1:iCareFoneを実行して、iPhone、iPad、iPod touchとパソコンに接続します。

ステップ2:「高速化&削除」をクリックして、表示した画面で前回スキャンの日付と解放したメモリを表示されます。そして、「クイックスキャン」をクリックして、デバイスをスキャン開始します。

デバイスをスキャン

ステップ3:1分間以内に、スキャンが完了します。スキャンした結果の「写真」を選択します。

スキャンした結果

ステップ4:「写真」を選択して「削除」をクリックすると、二つの選択肢があります。

写真を削除

バックアップと圧縮について

iOSデバイスの写真をパソコンのデフォルトのフォルダにバックアップして、画質を損失しないように写真を圧縮します。すると、メモリを解放できます。

写真を圧縮

写真を圧縮した後、解放したサイズを画面に表示されます。そして、圧縮した写真の保存したフォルダを見たいした場合は、「バックアップフォルダを開く」をクリックします。

写真の圧縮サイズ

バックアップと削除について

この選択肢で、写真をパソコンにバックアップして、デバイスでの写真を削除することができ、メモリを解放します。

バックアップ& 削除」をクリック、バックアップしたい写真を選択して、「開始」をクリックします。

バックアップしたい写真を選択

開始する前に、選択を確認してください。

選択を確認

「はい」をクリックすると、選択した写真を削除します。

写真を削除

完了した後、削除した写真のサイズが出てくる下面に表示されます。不意に削除したくない写真を削除した場合、「バックアップフォルダを開く」をクリックして復元します。

写真を削除2

パート4:iPhone、iPadの大容量ファイルを検索・削除

以上の一時ファイル、ジャンクファイル、写真などの全てのファイルを削除しても、iPhoneが依然として動作が重いのまま。もし大容量ファイルがストレージを占めるのでしょう。iCareFoneはiPhone、iPadでの大容量ファイルを検索し、削除して、より多くのメモリを解放できます。

ステップ1:iCareFoneを実行して、iPhone、iPad、iPod touchをPCに接続します。

ステップ2:「高速化&削除」をクリックすると、前回スキャンの日付と解放したメモリを表示されます。そして、「クイックスキャン」をクリックして、デバイスをスキャンします。

デバイスをスキャン

ステップ3:スキャン完了する前に、1分間がかかります。そして、削除したいファイルを選択します。

スキャンした結果

ステップ4:「大容量ファイル」の「削除」をクリックすると、大容量ファイルが以下のリストに表示されます。大容量ファイルの大多数は動画やオーディオファイルです。

大容量ファイルが表示

ステップ5:大容量ファイルを選択、「バックアップ&削除」をクリックします。すると、このファイルをパソコンにバックアップして、デバイスから削除します。

大容量ファイルをバックアップ、削除

ステップ6:大容量を削除した後、多くのメモリが解放できます。この後、これらの大容量ファイルを復元したい場合は、「バックアップフォルダを開く」をクリックして復旧します。

大容量を削除した

パート5:iOSデバイスでの不要なアプリを削除

複数のアプリがiPhone/iPadのストレージを占めます。また、たくさんのアプリがあまり使用しなかった、それとも、たくさんのアプリが一度も使用しなかったので、iPhone/iPadの動作が重くなっています。不要なアプリを削除して、iPhone/iPadのメモリを解放、軽くして最適化します。

ステップ1:iCareFoneを起動して、iPhone、iPad、iPod touchをパソコンに接続します。

ステップ2:「高速化&削除」をクリックすると、前回スキャンの日付と解放したメモリを表示されます。そして、「クイックスキャン」をクリックして、デバイスをスキャンします。

デバイスをスキャン

ステップ3:スキャンを終わるまで、1分間がかかります。そして、削除したいファイルを選択します

スキャンした結果

ステップ4:「アプリ」の「削除」をクリック、全てのアプリが出てくる画面に表示されます。

iphoneアプリ

ステップ5:削除したいアプリを選択して、右下の「アンインストール」をクリックします。

削除したいアプリを選択

ステップ6:少し時間がかかります。その後、削除したアプリサイズを画面に表示されます。

削除したアプリ

ホーム>> Tenorshare iCareFone >>
iPhoneシステムを高速化するガイド
Buy Now
UltData (iPhone Data Recovery)